IMG_20170728_111950















































・・・馬車場?

と思ったら

「駐輪場」

でした

あまりの暑さにで死んだ魚の目になってる宅配食サービス「けんたくん岡山店」の横山貴光です

「クロスフィット」がインスリン産生を改善

 
膵臓のβ細胞はインスリンを産生し分泌し、体内でグルコースがエネルギーとして利用できるようにする

今回の研究は、生活動作をベースにした機能的高強度トレーニング(F-HIT)や、スクワットや腕立て伏せ、
ダンベル体操などの筋肉に負荷をかけて行うレジスタンス運動が、
血糖を下げるインスリンを産生するβ細胞の機能にもたらす影響を調べたはじめてのものだ


これまでの研究で、有酸素運動がβ細胞の機能とインスリン分泌の改善につながることが分かっていた

今回の研究は、「機能的高強度トレーニング」(F-HIT)と呼ばれる、短時間の機能的運動や筋力トレーニングが、糖尿病の改善に有用であるかを検証したものだ


F-HIT運動の代表的なものに、米国を中心に世界的に広まっている「クロスフィット」がある


「クロスフィット」とは、米国で考案されたトレーニング法で、日常の基礎的な運動をベースに、筋力、スタミナ、
持久力、瞬発力などをバランスよく向上させることを目的としている

歩く・走る・起きる・持ち上げる・拾う・押す・引くといった生活動作をベースに、ゲーム感覚で行える、
筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせたプログラムが考えられている


少人数制のクラスで、1回の運動時間は約20分、性別や年齢、
体力などに合わせて運動量を調整したトレーニングをするスポーツジムなどが、米国を中心に増えている