「スマホ 画像 無...」の画像検索結果

患者が個別指導を受けられないという「糖尿病ケア資源不足」の問題に、政府と協力し取り組む

 
2016年、スマートヘルスは、日本の厚生労働省にあたる台湾の衛生福利部と協力し、
全国的にオンライン糖尿病ケア計画を推進

医療機関に対し、ICT(情報通信技術)を利用して、
糖尿病患者に対するケアの効率化するよう呼びかけた

スマートヘルスの人工知能(AI)による自動データ整理・分析を利用することによって、
医療スタッフは限られた時間内で、より患者一人一人に寄り添った指導を行えるようになる

実際、前記の介入研究でもスマートヘルスを利用した大多数の患者で血糖値が改善し、
医療関係者からは従来のやり方と比べ糖尿病ケアにかける時間が短縮されたとの声が寄せられた
 

H2 Ltd.は、
デジタル医療を通じて慢性疾患を管理・ケアするための新しいモデルを構築することを目指し、
すでに日本、台湾、香港、シンガポールにおいて政府や保険会社と共同で取り組みを開始しており、今後グローバルな糖尿病問題の解決に乗り出すとしている