セレノプロテインPは糖尿病を悪化させる「悪玉」
 
食事によって血糖が増加すると、
膵臓のβ細胞から分泌されたインスリンは骨格筋などに作用し、
血液中から糖分を取り込み血糖値が下がる

2型糖尿病患者では、
β細胞からのインスリン産生の低下と、
インスリンの効果が低下し骨格筋などでの糖取り込みが低下する「インスリン抵抗性」が起こりやすい
 

同志社大学の研究グループは、
「セレノプロテインP」に着目した研究を行っている

セレノプロテインPは、
主に肝臓で合成され血液中に分泌されるタンパク質で、必須微量元素である「セレン」を含んでおり、食事から吸収したセレンを各臓器に運ぶ役割をしている
 

セレノプロテインPは、
活性酸素を除去する「グルタチオンペルオキシダーゼ」というタンパク質を合成するなど重要な働きをしているが、増え過ぎるとさまざまな障害を引き起こす
 

増え過ぎたセレノプロテインPは糖尿病を悪化させる「悪玉」として作用し、
インスリン抵抗性を引き起こし、血糖値を上昇させる

セレノプロテインPの作用を抑制する治療薬が開発できれば、
糖尿病の効果的な治療法となると考えられている