「インスリン 画...」の画像検索結果

セレノプロテインPを抑制する「中和抗体」をつくるのに成功
 
金沢大学の研究によると、増加したセレノプロテインPは「運動抵抗性」を引き起こし、
運動による効果を打ち消す作用をする

運動によって生じる微量の活性酸素は、インスリンの効果を高め血糖の取り込みを促し、
糖尿病を改善するが、セレノプロテインPは活性酸素を消去し、
インスリン抵抗性や運動抵抗性を引き起こすという
 

同志社大学の研究グループは今回の研究で、
セレノプロテインPに結合する「抗体」となるタンパク質を作成し、
セレノプロテインPの作用を抑制する「中和抗体」を同定するのに成功した


筋肉のモデルである「C2C12」細胞に、セレノプロテインPを添加すると、
セレノプロテインPとセレン含有タンパク質GPxの増加するが、中和抗体「AE2」を加えると、
両方が低下しセレノプロテインPの作用が抑制されることを発見した
 

研究グループが、セレノプロテインPが増加している糖尿病のモデルマウスに、
この中和抗体を投与したところ、血糖値が低下し、糖尿病が改善した

中和抗体の投与後にインスリンを投与したところ、血糖値が低下し、
中和抗体はインスリンの効果も回復させることが示された

さらに、血中へのインスリン分泌を調べたところ、
糖負荷後に血中に分泌されるインスリン量が増えており、
インスリン分泌が回復していることを確かめた