「痛み 画像 無料」の画像検索結果

新しい治療を多くの患者に届けることを目指して
 
三林浩二教授の研究は、1型糖尿病の患者を「痛み」から少しでも解放するとともに、
低血糖というリスクも減らすことを目指しており、
患者・家族の苦痛、心理的負担を減らすことに大きく近づくものと期待されている
 

今回の助成の対象となった、三林浩二教授が代表者を務める研究のテーマは以下の通り――
  • 「体を傷つけない血糖値評価」を目指した、唾液糖の計測装置「マウスガード型バイオセンサ」の開発

  • 「小児発症での早期発見」および「1型糖尿病患者のQOL向上」を目指した呼気アセトンガス用バイオセンサの開発

  • 糖尿病治療のための人工膵臓を目指した自立式薬物放出システムの開発

 
東京医科歯科大学では「1型糖尿病の人は大変な思いをして血糖コントロールを行っていらっしゃいます。今回の研究助成を通じて、三林教授の1型糖尿病研究が加速し、多くの患者さんに新しい治療法をお届けすることができる日が来ることを期待しています」と述べている