P1010511





















今日もお客様宅の不要品を回収してきました

・・・ん~・・・なんだか分からない不要品もありますねぇ(;´・ω・)
中を開けてみないと分別のしようがないんで、処分はそれからですな



ってワケで、よく不要品の回収をお願いされる方の中で事前に分別して頂いている方もおられますが、
もちろんその気持ちはとてもとても嬉しいですが、もし難でしたらこちらで分別するので、
そのままお渡し頂いても構いませんので宜しくお願い致します



相変わらず何屋さんか分からない配食サービスけんたくん岡山店はコチラ♪
http://www.kentakun-web.com


ではブログへm(__)m

グルコース測定器とワイヤレス接続が可能

「予測 画像 無料」の画像検索結果

日本において、推定100万人以上の糖尿病患者がインスリン治療を行っている

インスリンは血糖コントロールに有用な治療薬だが、副作用としての低血糖に注意が必要となる

高血糖、または低血糖になり過ぎないよう管理することは、糖尿病患者にとって極めて困難だ

重症低血糖の場合、意識喪失やけいれんが生じ、重篤の場合は死に至る可能性もある
 

 「スマートガードテクノロジー」は、
患者ごとの症状に合わせて複数の下限値を設定することができ、
糖尿病患者を低血糖から守ることを目指して設計された日本初の技術

これにより、ミニメド640Gシステムは、同社の以前のモデルに比べて、
糖尿病管理における自動化がより強化された
 

さらに、このシステムは、
PHCの自己検査用グルコース測定器「コントアネクスト Link 2.4」とワイヤレス接続が可能だ

精確性の高い血糖測定結果をインスリンポンプに送信することができ、
ボーラスウィザードやセンサの較正の際、患者の手入力によるミスを防ぎ、入力の手間を軽減する
 

「ミニメド 640Gシステム」は、ヨーロッパ、オーストラリア、ラテンアメリカ地域などの諸外国ではすでに発売され、インスリンポンプによる治療を必要とする多くの患者によって使用されている