「痩せる 画像 無...」の画像検索結果

女性の痩せ志向は将来に大きなダメージに
 
「日本の女性は先進国でもっとも痩せ傾向が進んでいます。日本の若年女性にみられる大きな特徴は、運動実施率の低迷と二極化です」と、順天堂大学国際教養学部グローバルヘルスサービス領域および順天堂大学大学院代謝内分泌内科学・スポートロジーセンターの田村好史氏は言う
 

田村氏によると、20歳前後の頃の体力で40~50年後の予後や疾患が予測できるという

若年女性では「食べない」「運動をしない」「痩せている」という志向性が目立ち、結果として年齢が進んでからの肥満や2型糖尿病、骨粗鬆症、
寝たきりにつながる骨折につながりかねない
 

痩せた人は肥満者と同等かそれ以上に死亡率や糖尿病の発症率が高いという調査結果がある

詳しく調べると、痩せた女性の38%が耐糖能障害で筋肉量が少ないことが関連している
 

運動不足、低BMIは骨量低下や骨折のリスクであり、
転倒・骨折・関節疾患は女性の介護となる 原因の33%を占める

栄養の充足している場合、少なくとも18歳以前に強度のある運動を行うことが、
骨粗鬆症の発症予防にもっとも効果的だ