「水分 画像 無料」の画像検索結果










脱水による水分不足に注意
 
国立循環器病研究センターによると、夏に脳梗塞が起こりやすい理由として挙げられるのが、
脱水による体内の水分不足だ

夏には汗を多くかくため、それに見合った量の水分を補給していないと、体が脱水症状に陥り、
血液が「ドロドロ状態」となる

その結果、血管がつまりやすくなる
 

 また、寒さで血圧が上がりやすい冬とは逆に、
夏は体の熱を放出しようと血管が拡張しやすくなる

この場合、生理機能が低下している人や、降圧剤などを服用している人は、
血管拡張のために血流が遅くなり、血栓ができやすい状態になる
 

 さらに飲酒は尿量を増加させ脱水の原因になる

これらが重なると夜間に脳梗塞を発症しやすくなる

糖尿病や高血圧は脳卒中の危険因子

しかし脳卒中は予防が可能だ

日本脳卒中協会は脳卒中の啓発動画を公開している