今日が誕生日の宅配食サービスけんたくん岡山店の横山です♪





熱中症を予防するために エアコンや扇風機を上手に活用する
 
エアコンや扇風機も上手に使おう

節電は大事だが、熱中症になってしまっては元も子もない

エアコンは、自動調節、就寝中用の機能やタイマーなどを上手に利用するとよいだろう
 

 体感に頼らず、温度計、湿度計で温度や湿度を確認し、室温は28℃以下に、
湿度は70%以下を目安に調整する
 

 扇風機を使い室内の空気を程よく循環させると、
エアコンの設定温度を低くしなくても室温を下げることができる

窓をすだれやカーテン、つる性植物を使った「緑のカーテン」などで覆い、
直射日光を遮断するのも有効だ
 

 高齢者や神経障害のある人は発汗が乏しくなり、体温調節が上手にできないことがある

また、加齢とともに、汗をかく量が減少する

汗が皮膚から蒸発するときに熱が奪われて体温が下がるため、汗の量が減ると、
体温調節がしにくくなる
 

 部屋が暑いときに、「エアコンのスイッチを入れる」「冷たい飲み物を飲む」など、
熱中症の危険を察知して回避する行動ができない場合がある

体感だけに頼るのではなく、温度計や湿度計を活用し、
温度や湿度が目に見えるようにしておくことが大切だ