埼玉県和光市で郵送調査を実施
 
健康な高齢者であっても、「社会的な孤立」と「閉じこもり」が重なると、
どちらも該当しない高齢者に比べ、6年後の死亡率が2.2倍に上昇することが、
東京都健康長寿医療センター研究所の調査で明らかになった

「社会的な孤立」が高齢者の死亡率を高めることが知られている

また、週1日以下程度しか外出しておらず、外出頻度が低い状態である「閉じこもり」も、
同様に高齢者の死亡率の上昇に関連する

しかし、これらが重積すると、高齢者の健康にどのような負の相乗効果をもたらすかは不明だった

そこで研究グループは、首都圏近郊の埼玉県和光市で2008~2014年に行った郵送調査をもとに、
高齢者の「社会的な孤立」と「閉じこもり」について解析した

公共交通機関の使用や日常品の買い物、
食事の用意などの日常生活動作に問題のない健康な研究参加者を、
社会的孤立および閉じこもり傾向の有無の組み合わせで4群に分け、
6年間の死亡率の違いを検討した

この研究では、同居家族以外との対面や、電話やメールなどの非対面のコミュニケーション頻度が、両者を合わせても週1回未満の者を「社会的な孤立」とみなし、
ふだんの外出する頻度(買い物、散歩、通院など)が1日1回未満を「閉じこもり傾向」とみなした

なお、「社会的な孤立」とは、他者との接触頻度が極端に減少した状態で、
主観的な孤独感や孤立感とは区別した