台風24号が日本列島を縦断しそうです

過去の災害では「ウチは大丈夫だろう」というバイアスが、
人間ならば誰しもが働くので、災害時に逃げ遅れる人や避難しなかった人が多数いたようです



被害に遭って亡くなられた方は、決して特別な人ではなく、私達と同じ、
どこにでもいる普通の人間なんです




その方達が遭われた被害に、私達が遭わないという保証はどこにもないんです





注意喚起をした後でブログる宅配食サービスけんたくん岡山店の横山です







画一的な栄養指導だけでは不十分
 
同じ個人でも、時間の経過によって、過剰栄養と低栄養が混在する状況が発生している

画一的な栄養指導ではなく、ライフステージに合わせた栄養指導が必要だという

「65歳以上にはフレイル対策に重点をおき、やせの場合にはエネルギーおよび良質なタンパク質摂取を増やし、筋力低下が見られる場合には運動を負荷することで、やせと筋力低下の予防をはかることが重要です」と、中村会長は言う

日本や欧米でも、肥満や糖尿病は増えているが、新しいタイプの低栄養状態も起こっているという

日本では、若い女性、妊産婦、高齢者、傷病者の低栄養が発生しており、
過剰栄養の問題と混在している

「高齢者はしっかりと食べて、必要な栄養を摂取することが大切。健康な生活を維持し、元気なお年寄りをつくっていこうというのが、日本のこれからの課題です」と、中村会長は強調している