徴用工問題で、三菱重工への賠償命令が下ったようです


何十年も前の話ではありますが、当時の不義理が今になって波紋を呼んだことになります





人生においても気を付けて生きていかなければならないですね





健康面でも同じことが言えますし





何年も前の不摂生や気まぐれ、場の雰囲気でやったことなどが、
後々の自分の体の不調になって現れてきます




毎日を誠実に送ることが、将来の人生にとっての最良の方法なんだと再認識させられた宅配食サービスけんたくん岡山店の横山です






ではブログり






体内リズムの乱れによる睡眠問題が増加






体内リズムの乱れによる睡眠問題が増加している現代日本日本人の睡眠時間は諸外国の中でもっとも短く、成人の5人に1人は睡眠に何らかの問題を抱えている

睡眠不足や不眠は昼間の眠気や倦怠感につながるだけでなく、
仕事の能率の低下や産業事故を招く要因となったり、
2型糖尿病やうつ病・認知症などの疾患の誘因にもなる

睡眠問題を引き起こす原因として注目を集めているのが「体内リズムの乱れ」だ

夜でも明るい24時間社会の現代日本では、体内リズムの乱れによる睡眠障害が増えてきている

就労時間が長時間に及ぶことも少なからず睡眠時間の短縮をまねく

また、日本では労働者の20%程度が交替制勤務であり、
こうした働き方が体内リズムの乱れにつながっている

さらに、LEDやスマートフォンなどによる夜の明るい光環境やストレスなどがあると、
ますます睡眠障害が助長されてしまう

体内リズムを整え、
睡眠と目覚めの習慣をルーティーン化することが日々のパフォーマンスの向上につながる

内村教授らが開発した「3次元型睡眠尺度(3DSS)チェックシート」を使うと、
簡単に自身の睡眠の量や質、さらに位相(リズム)を評価できる

スッキリした目覚めは睡眠のリズムと深く関わっており、
起きている時間に高いパフォーマンスを発揮するためには、
朝の目覚め方と体内リズムが重要となる