フルクトースが糖尿病や肥満の犯人?
 
清涼飲料や菓子類などに含まれる「果糖(フルクトース)」が、食品のカロリーを高めるだけでなく、
2型糖尿病や心血管疾患の発症リスクも高めているという研究が、
医学誌「British Medical Journal」に発表された

フルクトースは果物や野菜、フルーツジュース、ハチミツなど、
さまざまな天然の食品に含まれているが、多くはコーラやジュースなどの清涼飲料や、
お菓子やスイーツなどの加工食品から摂取されている

世界のフルクトースの消費量は急速に増えている

米国人はフルクトースなどの糖質を多く摂取しており、
4人に1人は1日に200kcal以上を摂取しており、5%は500kcal以上を摂取しているという

これは角砂糖(4g)に換算すると13~32個分に相当する

そして、ジュースやコーラなど清涼飲料や菓子類などの甘味の強い加工食品の多くに「果糖ブドウ糖液糖」や「ブドウ糖果糖液糖」が甘味料として使われている

コーンスターチ(トウモロコシから作られたデンプン)などから製造される「果糖ブドウ糖液糖」は、果糖(フルクトース)とブドウ糖(グルコース)を主成分とする異性化糖

工業的に安定して生産でき、価格が安いので、多くの食品に用いられている