筋肉の量が減ると血糖値が上昇
 

筋肉はエネルギーの貯蔵庫でもあり、血糖値の調整を行う働きをする

食事をすると、血液中に増えた糖の一部は筋肉に取り込まれる

筋肉の量が減ると、血糖値が上昇するのは、糖をためる場所が少なくなり、
糖を調節する力が低下するからだ

さらに、筋肉内に脂肪が霜降り状に蓄積する「筋内脂肪」は、
インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性を引き起こす

高齢者では、「筋内脂肪」が多いほど、歩行能力や日常生活機能が低下することが分かっている

ォーキングなど自宅で手軽にできる運動を10週間続けると、筋肉量を増やし、
「筋内脂肪」を減らせることが、名古屋大学などの研究で明らかにになった

ウォーキングだけでも効果があるが、
それに自身の体重を負荷として用いる「自重負荷レジスタンストレーニング」を加えると、
さらに効果が増すという

研究は、名古屋大学総合保健体育科学センターの秋間広教授と中京大学の吉子彰人助教らの研究グループが早稲田大学と共同で行ったもの

詳細は科学誌「European Review of Aging and Physical Activity」オンライン版に発表された