足の症状が改善しなければ医師に相談
 
「足の冷えや痛みがなかなか改善しないときには、PADを疑ってみる必要があります。足に酸素や栄養がいきわたらないと血流が途絶えた部分が壊死してしまうおれそがあります。さらに、足に動脈硬化がある場合は、心臓や脳の血管にも動脈硬化が進行している危険性もあるのです」と、
エヴァン氏は言う

なお、糖尿病のある人では、足の冷えや痛みは、
神経障害が原因である場合もあるので注意が必要だ

糖尿病神経障害の症状はさまざまだが、手足の痛みを訴える患者も多い

糖尿病による神経障害は、高血糖による神経細胞の変化と、
動脈硬化による神経細胞への血流不足から生じる

そのため神経障害を予防するために、
血糖コントロールと動脈硬化予防の両方を行うことが重要となる

PADの治療は進歩している

PADを重症化させず、また、合併症を防ぐためには、早期発見・早期治療が重要だ

足の症状がなかなか改善しない場合には、かかりつけの医師に相談しよう