社会的時差ぼけを防ぐための6ヵ条
 



社会的時差ぼけを防ぐために、
概日リズム(体内時計)に狂いが生じないように生活スタイルを工夫することが必要だ

米国睡眠医学会によると、次のことを実行すると体内時計のずれを解消しやすいという――

1 快眠はまずは規則正しい生活から

 
規則正しい生活によって、体内時計がホルモンの分泌や生理的な活動を調節し、
睡眠に備えて準備してくれる

この準備は自分の意志ではコントロールできない

体内時計を整え、体を睡眠に導くために、毎日同じ時刻にベッドに入ることが必要だ