社会的時差ぼけを防ぐための6ヵ条
 
社会的時差ぼけを防ぐために、
概日リズム(体内時計)に狂いが生じないように生活スタイルを工夫することが必要だ

米国睡眠医学会によると、次のことを実行すると体内時計のずれを解消しやすいという――

3 適度な運動が良い睡眠をもたらす

 
日中に体をアクティブに動かし運動する習慣のある人は、
質の良い睡眠を得られるという調査結果がある

1日30分のウォーキングなどの運動を続けよう

運動の習慣化は、睡眠の質を高めるだけでなく、2型糖尿病や肥満の対策・予防にもつながる