血糖値データのみで30分後の血糖値を予測

 
糖尿病の治療では多くの場合、経口薬やインスリンの投与によって血糖値をコントロールする

患者自身が血糖値を持続的に把握し、
その変動を予測できれば血糖コントロールを改善できる可能性が高い

そのため炭水化物の摂取やインスリンの投与などを手動で入力し、
測定した血糖値のデータと組み合わせて予測する方法が開発されているが、
測定した血糖値のデータのみを用いて予測できるようになれば、
利便性がより向上し治療を改善できる可能性がある

インスリン療法を行っている患者では、
インスリンの投与量の調整がうまくいかないと低血糖が起こるおそれがある

低血糖を防ぐためにも、血糖値の変動の予測は重要だ

そこで名古屋大学の研究グループは、人工知能(AI)の技術のひとつである機械学習を用い、
測定した血糖値データのみによって30分後の血糖値を予測するシステムを開発した

予測には時系列予測に特化した「ニューラルネットワーク」(人の脳機能を模した機械学習の一種)を用い、学習と予測を交互に行うことで予測性能を向上させた