食事パターンを「朝型」にすると血糖コントロールが改善
 

食事パターンを「朝型」にすると体重が減り、
糖尿病の人では血糖コントロールが改善するという研究を、
イスラエルのテルアビブ大学が発表した

この研究は、イスラエル保健省の支援を受けて実施されたもので、
イリノイ州シカゴで開催された第100回米国内分泌学会年次総会(ENDO 2018)で発表された

肥満や過体重の人に共通する食事スタイルとして、
夕食でドカ食いをしてカロリーを摂り過ぎる「ビックディナー」がある

この食習慣を改めて、なるべく朝食でカロリーを多めに摂り、昼食は平均的、
夕食を小食にするよう調整すると、1日の摂取カロリーは同じでも、体重が減りやすい

糖尿病の人では必要なインスリン量が減り、血糖コントロールが改善するという

「多くの人が食事で気にすることは、どんな食品を食べるかとカロリーを抑えることですが、食事を摂る時間と頻度も大きな問題です」と、
テルアビブ大学医学部のダニエラ イカボヴィッチ教授は言う

「私たちの体の代謝機能は1日を通して変化しています。同じパンを朝食で摂るのと、夕食で摂るのとでは、グルコース反応が異なります。朝食で摂った時の方が、体重が減りやすく、痩せやすいのです。糖尿病の人では血糖コントロールが改善します」と、イカボヴィッチ教授は指摘している