魚油のサプリメントは効果なし?
 

魚油が健康に良いことはよく知られているが、サプリメントで摂取しても効果はあるのだろうか? 

これについて、
魚油のサプリメントは糖尿病患者の心筋梗塞や脳卒中を予防しないという調査結果を、
オックスフォード大学などの研究チームが発表した

研究グループは、糖尿病患者がn-3系脂肪酸のサプリメントを利用すると、
心筋梗塞などの心血管疾患や脳卒中を予防できるかを調べる無作為化試験である「ASCEND」研究を実施した

研究成果は欧州心臓病学会(ESC)で発表された

魚を多く食べると心筋梗塞や脳卒中のリスクが減少することは多くの研究で報告されている

しかし、糖尿病患者が魚油のサプリメントを摂取すると、
これらの深刻な疾患を予防できるかは分かっていなかった

試験には、1型および2型糖尿病の患者1万5,480人が参加した

全員年齢は40歳以上で、糖尿病ではあるが、試験開始時に心血管疾患を発症していなかった

参加者は、無作為に2つのグループに分けられ、
片方はn-3系脂肪酸1gを含むサプリメントを1日1回服用し、
もう片方はプラセボ(オリーブ油)を服用した

調査は平均7.4年間追跡して行われた

その結果、1,401人が心血管疾患を発症した

参加者の全員が糖尿病で、糖尿病でない人に比べ、心血管疾患のリスクは2〜3倍高くなった

深刻な血管イベントの発生率は、n-3系脂肪酸群が8.9%、プラセボ群が9.2%となり、
有意差はなかった(率比:0.97)

初回の深刻な血管イベントまたは血行再建術の発生率も、n-3系脂肪酸群が11.4%、
プラセボ群が11.5%となり、有意差はみられなかった(率比:1.00)

やはり魚油は実際に魚を食べて摂取した方が良さそうだ

「魚油のサプリメントは糖尿病患者の心血管疾患を低下させないことが分かりました。予防の観点からのサプリメントの利用は勧められません」と、研究者は述べている