中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
 

ウォーキングなどの運動は、間違いなくすべての人にとって良いことだ

運動を習慣化することで、肥満、2型糖尿病、心血管疾患、脳卒中、がんなどのリスクを減少でき、
健康寿命を延ばせることが多くの研究で示されている

しかし、それまで運動をする習慣のなかった人、とくに年齢を重ねた人は、
「運動の恩恵を受けるのは、もう遅すぎるのではないか」と思うかもしれない

しかし心配はご無用だ

新しい研究で、中高年になってから運動を始めても、早死のリスクを減らし、
寿命を延ばす十分な効果な効果を得られることが明らかになった