よく噛んで食べるための8つの対策
 

ハーバード公衆衛生大学院によると、1回の食事にかける時間が少ないと、
短時間に吸収の早い食品を選びがちになる

吸収の早い食品は食後の血糖値を上げやすい

また、早食いをすると、血糖変動が大きくなり、
インスリンの効きの悪くなるインスリン抵抗性につながるおそれがある

ゆっくり食べるために、1回の食事に費やす時間を増やす必要がある

下記の工夫をすると、自然に噛む回数を増やし、ゆっくりと食事ができる
 

1 ひと口の量を減らす
多くの人はひと口で噛む回数は量によって変わらないという調査結果がある

ひと口の量を減らせば、噛む回数を増やせる