食後高血糖の改善の道は開かれている
「血糖 画像 無料」の画像検索結果 







食後に血糖値が高くなると、動作が鈍くなる、気分が悪くなるなどの影響が出ることがあっても、
多くは自覚症状がない

「超速効型インスリン、DPP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬などの新しい薬の登場、インスリンポンプ療法やCGMの進歩などにより、食後高血糖の改善に道が開かれています。具体的な目標と戦略を決め、糖尿病患者が治療の進歩の恩恵を受けられるようにするべきです」と、
バーモント大学医学部のジョン リーヒー氏は言う

調査では、食後血糖値を良好にコントロールするのが難しいと、
患者は治療に対する不安や不全感を抱くようになり、
そのことが糖尿病の自己管理に悪影響をもたらすおそれがあることが示された

「医療従事者と糖尿病患者はいまや、食後高血糖の問題に対処するために、新しい措置をとることができます。食後の血糖値を改善する薬や、超速効型インスリン、CGMシステムなど、医療の進歩が新しい手段を提供してくれます」と、リーヒー氏は言う