11月14日は「世界糖尿病デー」
糖尿病は深刻だが、十分な知識をもって適切に対処すれば、克服できる病気
 
世界糖尿病デーは、
糖尿病の脅威が世界的に拡大しているのを受け、
世界規模で糖尿病に対する注意を喚起しようと、
国際糖尿病連合(IDF)と世界保健機関(WHO)によって1991年に開始され、2006年には国連の公式の日になった

11月14日は、1922年にチャールズ ベストとともにインスリンを発見したフレデリック バンティングの誕生日にあたる

インスリンの発見により、
糖尿病治療は飛躍的な進歩をとげた

世界糖尿病デーの2019年のテーマは
「糖尿病と家族(Family and Diabetes)」


世界糖尿病デーのシンボルである「ブルーサークル」は、世界的に増加を続ける糖尿病に対する認知を拡大し、
一致団結して対策を進める必要性を呼び掛けるために掲げられる

日本でも、日本糖尿病学会、日本糖尿病協会が中心となり「世界糖尿病デー実行委員会」を設立、
さまざまな活動を展開している