すべての家族が糖尿病に関わっている
「糖尿病 画像 無...」の画像検索結果 







IDFは「糖尿病と家族」というテーマで、2年間のキャンペーンを計画している

開発やプロモーション、参加の呼びかけを世界規模で実施する



IDFによると、世界の糖尿病をめぐる現状と課題は次の通り

● 糖尿病とともに生きる人の数は世界で4億2,500万人以上
   成人の11人に1人が糖尿病 

● 糖尿病が疑われる人の半分は診断を受けでおらず、適切な治療を開始できていない

● 適切な糖尿病の治療を行わないでいると、
   心臓疾患、脳卒中、腎不全、失明、足切断といった深刻な糖尿病合併症が引き起こされる 

● 糖尿病は早期死亡の主要な原因
   世界では糖尿病のために、8秒に1人が亡くなっている 

● 糖尿病のある人は、そうでない人に比べ、心血管疾患の発症リスクが3倍高い
   腎不全の発症リスクは10倍に上昇する

● 糖尿病のある人の3人に1人は生涯になんらかの視力障害を経験する

● 世界で30秒に1人が糖尿病のために下肢切断を強いられている



もっとも重要なことは、糖尿病の合併症は、適切な治療を続けていれば、予防が可能であること

そして、糖尿病予備群と指摘された人の多くは、栄養バランスのとれた健康的な食事、運動の習慣化、
健康的な生活環境を促進することで2型糖尿病の発症を防げることだ
 

世界糖尿病デーのポスター
「糖尿病:あなたの家族を守ろう シンプルな行動でリスクを減らせる」