糖尿病の教育プログラムに家族で参加
 
糖尿病の治療において、家族を支援することが、患者の健康を改善する大きな効果をもたらすことが、
多くの研究で示されている

また、ストレスなどの精神的な負担は治療の妨げになり、生活の質を下げることが知られている

しかし現状では、糖尿病の教育プログラムに参加できる患者は2人に1人以下、家族は4人に1人以下だ

糖尿病とともに生きる人に加えて、その家族も支援し、糖尿病の自己管理を助けることが重要だ

医療従事者にも、糖尿病患者とその家族を支援し、
糖尿病のコントロールを助けるための知識とスキルが求められている
 
糖尿病のために世界で8秒に1人が亡くなっている