● 飽和脂肪酸を摂り過ぎない

 「脂肪 画像 無料」の画像検索結果









飽和脂肪酸(肉類や乳・乳製品の脂肪)やコレステロール(卵、レバー類、洋菓子)の摂り過ぎ、
中性脂肪や悪玉のLDLコレステロールを上昇させ、腎臓病や心血管疾患のリスクを上昇させる

動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸を減らし、一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸を増やすことで、
動脈硬化が原因の心血管疾患のリスクを減らせる

とくに魚やキャノーラ油、大豆、ナッツ類などに含まれるn‒3系不飽和脂肪酸には、
血液の脂質成分を改善し、動脈硬化を予防する効果がある