日本の学校給食システムは優秀
「日本 画像 無料」の画像検索結果 







5~19歳までの子供の過体重の割合は、米国で42%(1990年から50%増)、
ニュージーランドで40%(同45%増)、ギリシアで37%(同49%増)と、
経済協力開発機構(OECD)およびEU加盟国の41ヵ国のうちほとんどの国で増えている

一方で、日本の子供の過体重の割合は14.42%ともっとも低く、1990年から14.3%しか増えていない

なぜ日本では低い割合に抑えられているのか?

「日本の学校給食システムが理由のひとつとして考えられます。給食システムが全国に普及していることにより、子供たちに栄養のバランスの良い食事を安価に提供することができ、子供たちが栄養について学ぶ機会も与えています。さらに給食を通じて、他国に比べると伝統的な食生活が保たれていることも利点として挙げられます」と、ユニセフ本部栄養部門上席アドバイザーのローランド クプカ氏は言う