睡眠改善ヒント 3「ウォーキング等の運動」
「ウォーキング ...」の画像検索結果 







寒い季節はできるだけ動きたくないかもしれないが、
運動を習慣化することで心身にもたらされる改善効果は大きい

日中に運動する人は良く眠れる傾向があることを示した研究が報告されている

活発な運動によって、気持ちをコントロールする神経伝達物質のひとつ「ドーパミン」が分泌され、
気分が落ち込んでいたり、イライラに悩まされているときに、症状を改善する効果を得られる

日光のもとで早歩きするだけでも大きな違いがある

運動をすることで、爽快感や活動的な気分も得られる

運動をはじめることは、生活スタイルを改善するための第一歩になる

ただし、運動によりアドレナリンやエンドルフィンなどの、体を覚醒させるホルモンの分泌も刺激される

ウォーキングなどの運動は、なるべく日中の早い時間に行うことが勧められる