朝の光を積極的に浴びると改善する
「光 画像 無料」の画像検索結果 







体内時計を調整するために、午前中に起床して太陽の光を浴びる、規則正しい生活習慣が効果的だ

日差しが短くなり始める秋からは、ウォーキングや通勤時間などを活用し、
積極的に朝の光を浴びると良い

日中に太陽光を浴びるとセロトニンという物質が作られる

セロトニンは、脳から分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンの原料となる

太陽の光が少ない冬の期間は、セロトニン減少が起きメラトニンが十分に生成されにくくなる

メラトニンには、季節のリズム、睡眠・覚醒リズム、
ホルモン分泌のリズムといった概日時計を調整する作用があり、不足することで変調をきたしやすくなる

うつ病や統合失調症などの疾患とも関連すると考えられている