家族ぐるみで減塩に取り組むことが重要
「家族 画像 無料」の画像検索結果 







世帯食塩摂取密度が高いほど、脳卒中や心臓病などの循環器病、心筋梗塞などの冠動脈疾患、
脳卒中のそれぞれのリスクが高くなることが明らかになった

減塩は日本人全員が意識して取り組むべきものだ

研究グループは、「国民全体の食塩摂取を減らしていくためには、家族ぐるみで、減塩という視点から対策することが大変に重要です」と述べている

食塩摂取量と血圧は密接に関係し、食塩の過剰摂取が高血圧をもたらす

糖尿病患者向けの治療ガイドラインでは、糖尿病の合併症の危険性を抑えるために、
塩分摂取量を控えることが勧められている

「日本人の食事摂取基準 2020年版」では、
食塩摂取の目標量は男性 7.5g/日、女性 6.5g/日未満としている

高血圧を発症した人では目標量は6.0g/日未満だ

一方、日本人の塩分摂取量の平均は、男性 10.8g、女性 9.1gで、目標よりも大幅に多い

1日の食塩量は、調味料などにより加えられる食塩と、もともと食品に含まれている食塩を合計した量だ

ただし、調理されてしまった食塩は目で見えるものではなく、塩分の多い濃い味付けに慣れてしまうと、
減塩するのは難しくなる

毎日の食事で塩分の少ない薄味に慣れる必要がある

香辛料・薬味を使えば、塩分が少なくとも、味わいが深くなり満足しやすくなる