1日35分のウォーキングがうつ病の予防に効果的
「ウォーキング ...」の画像検索結果 







ウォーキングなどの運動を習慣として行うことで、うつ病の予防効果を得られる可能性があることが、
米国のハーバード公衆衛生大学院の研究で明らかになった

週4時間の運動を行うことで、うつ病を発症するリスクは17%低下するという

「平均して35分以上の運動を毎日行うと、うつ病のリスクが軽減することが分かりました。運動量を増やすとより効果的で、毎日1時間の活発な運動をすることが勧められます」と、
ハーバード公衆衛生大学院のカーモル チョイ氏は言う

この研究は、
大規模な前向き研究である「英国バイオバンク」に参加した成人7,968人の遺伝データを分析したもの

研究チームは、加速度計を用いて得た客観的なデータにより、
運動の活動レベルとうつ病の発症の関連を調査

その結果、身体活動レベルが高い人ほどうつ病になりにくく、
将来の発症予防にもつながる可能性があることが示された