糖尿病をコントロールするための6つの生活スタイル
「生活スタイル ...」の画像検索結果 







世界糖尿病連合(IDF)の調査によると、世界の糖尿病人口は4億6,300万人で、
毎年2,200万件が新たに糖尿病を発症している

食事・運動・体重管理などの健康的な生活スタイルにより糖尿病を改善できることが、
多くの研究で確かめられている

生活スタイルを改善することで、糖尿病の治療をより良く行えるようになり、
糖尿病予備群と指摘された人は発症を防ぐことができる

しかし、米国医師会(AMA)によると、米国の糖尿病予備群の10人中9人は、
自分に糖尿病のリスクがあることを知らず、何も対策していない

AMAは、糖尿病をコントロールするための6つの生活スタイルを提案している

4. ストレスをコントロールする

 
ストレスとは「過剰な負荷が心身にかかり、ゆがみが生じること」

うつ病や不安障害といった心の病気にも、さまざまなストレスが関係している

ストレスがたまった状態になると、血糖値が上がりやすくなる

さらに、糖尿病は、食事や運動、服薬など、自己管理が重要な病気で、
ストレスがたまると糖尿病の自己管理がうまくいかなくなりやすい

ヨガや呼吸法、自分をリラックスさせる趣味など、自分なりのストレスを和らげる方法を見つけることが大切

こころと体の不調が続くときは、医師やカウンセラーなどの専門家に相談する方法もある