糖尿病をコントロールするための6つの生活スタイル
「生活スタイル ...」の画像検索結果 







世界糖尿病連合(IDF)の調査によると、世界の糖尿病人口は4億6,300万人で、
毎年2,200万件が新たに糖尿病を発症している

食事・運動・体重管理などの健康的な生活スタイルにより糖尿病を改善できることが、
多くの研究で確かめられている

生活スタイルを改善することで、糖尿病の治療をより良く行えるようになり、
糖尿病予備群と指摘された人は発症を防ぐことができる

しかし、米国医師会(AMA)によると、米国の糖尿病予備群の10人中9人は、
自分に糖尿病のリスクがあることを知らず、何も対策していない

AMAは、糖尿病をコントロールするための6つの生活スタイルを提案している

5. タバコを吸わない

糖尿病を適切に治療しないでいると、心臓病、脳卒中、腎臓病、眼の網膜症、動脈硬化による血管疾患、
神経障害、足病変など、さまざまな合併症のリスクが高まる

タバコを吸う習慣があると、これらの障害が発生する可能性が大幅に高まる

喫煙習慣のある人は、いますぐ禁煙を試みるべきだ

タバコをやめて1ヵ月が過ぎると、咳やたん、喘鳴などの呼吸器の症状が改善し、
2~4年もすれば、狭心症や心筋梗塞などの心臓病のリスクが低下する

「タバコを長年吸っているから、いまさら禁煙は無理」というの誤解で、
いまは禁煙を科学的に成功させる方法が開発されており、健康保険を使える禁煙外来は増えている

禁煙を希望している人は医師に相談しよう