生活がほんとうに健康的な人は実際には少数
「少数派 画像 無...」の画像検索結果 







一方で、もっとも健康的な生活スタイルをもつ人は全体の14%しかいなく、
もっとも不健康な人も11%に上った

「多くの人で、生活スタイルを改善する大きな余地があります。できることはまだ沢山あるのです」と、
パン教授は言う

「各国の糖尿病学会は健康的な生活スタイルを奨励していますが、ほとんどの国で実行している人は少数であることが分かりました。特定の生活スタイル要因に取り組むのではなく、全体的な取組みを促進することを、すべての国の公衆衛生の優先課題にするべきです」

国連は、糖尿病などの非感染性疾患(NCD)による早期死亡率を減少するために、
2030年までに達成するべき目標を掲げている

「2型糖尿病患者の合併症を防ぐために、健康的な生活スタイルの選択を促進することが必要です。各国政府はそうした取り組みを持続可能なものにするためにすぐに対策するべきです」と、
パン教授は強調している
 
健康的な生活スタイルのポイントが高いと糖尿病リスクは大きく低下する