厚労省が「食事摂取基準(2020年版)」を発表
糖尿病の食事のポイントが明らかに

 厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」について、策定検討会(座長:伊藤貞嘉・東北大学名誉教授)がまとめた報告書を公表した。糖尿病の食事療法にも変化が求められている。

「日本人の食事摂取基準」は、健康増進法の規定にもとづき、国民の健康の保持・増進を図るうえで摂取することが望ましいエネルギーおよび栄養素の量の基準を定めたもので、
5年毎に改定されている

2020年版は、高血圧、脂質異常症、糖尿病、
慢性腎臓病(CKD)の発症予防と重症化予防の観点に加え、
栄養に関連した身体・代謝機能の低下を回避するために、
高齢者の低栄養やフレイルの予防も視野に入れて策定されている

2020年版は今年度中に告示される予定