糖尿病の食事療法の目的は
「食事療法 画像 ...」の画像検索結果 







高血圧、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病(CKD)の発症と重症化を予防するために、
食事を改善することはきわめて重要だ

「食事摂取基準」では、2型糖尿病の食事療法の意義として、
「全身の代謝の状態を良好に維持することで、合併症の進展を抑え、予防すること」と強調している

糖尿病の人は、血糖を下げるインスリンの分泌が減っていたり、作用が不足している

食事の総エネルギー摂取量を適正にすれば、
インスリン作用からみた需要と供給のバランスをとることができ、高血糖を改善でき、
肥満の対策にもなる

また、インスリンの作用は糖代謝だけでなく、脂質やタンパク質の代謝など多岐にわたり、
それらが相互に関連しあっている

食事療法には、高血糖の改善だけでなく、さまざまな栄養素のバランスを適正にするという目的もある