糖尿病の人が食事で気を付けるべきこと
 「糖尿病 画像 無...」の画像検索結果








食品の摂り方によって、食後の血糖上昇を抑制できることが注目されている

「食事摂取基準(2020年版)」では、糖尿病の人が食事で気を付けるべきことを指摘している 

● 食物繊維が豊富に含まれる野菜を先に食べることで、食後血糖の上昇を抑えられ、HbA1cが低下し、
   体重も減少する 

● 野菜に加えて、タンパク質の豊富な肉や魚などの主菜から食べはじめて、
  その後に主食のごはんなどの炭水化物を食べると、食後の血糖上昇を抑制できる 

● 咀嚼力と血糖コントロールとの関係も重要
  50歳以上の人は、咀嚼力の低下により血糖コントロールが乱れる可能性がある
  50歳を過ぎたら口腔ケアも大切になる

● 朝食の欠食や、遅い時間帯に夕食をとる食事スタイルも肥満を助長し、
   糖尿病のコントロールを難しくする
   とくに朝食を抜く食習慣は、2型糖尿病のリスクを高める
   朝食を必ず食べることを習慣にしたい 

● とくに就寝前に夜食を食べると、肥満や、血糖コントロールの不良の原因になり、
   合併症のリスクが上昇する
   夜遅くは食べないようにした方が賢明だ

● 「低炭水化物ダイエット」が効果があると報告した研究も多い
    糖尿病合併症や薬物療法などの制約がなければ、
  「低炭水化物ダイエット」については、柔軟に対応することが望ましい

「低炭水化物ダイエット」の体重減少の効果は、
総エネルギー摂取量の減量にともなうものと考えられているが、詳しくはまだ解明されていない

糖尿病の人にとって炭水化物の影響は、身体活動量やインスリン作用の良否によっても異なってくる

「低炭水化物ダイエット」を始めるときは、かかりつけの医師や管理栄養士に相談することが勧められる