糖尿病の医療保険がなぜ必要?
「保険 画像 無料」の画像検索結果







国民健康保険や健康保険などの公的な医療保険は、加入者やその家族など(被扶養者)が、
病気やケガの治療のため病院にかかったり、入院や手術をするときに、
公的機関などが医療費の一部負担をしてくれるという制度

日本では、すべての人が公的医療保険に加入することになっており、「国民皆保険制度」と呼ばれる

公的な医療保険では、基本的には70歳未満の医療費(手術代、検査代、薬代)は自己負担3割となっている

また、制度のひとつである「高額療養費制度」により、
入院や手術によって1ヵ月の医療費が高額になっても、
一定額以上は自己負担しなくてもよいことになっている

しかし、病気やケガで医療機関を受診するときに、公的な医療保険だけでは十分ではなく、
「自分が病気や事故にあうこと」「家族が病気や事故にあうこと」などを不安に感じている人は多い

医療費の自己負担分があるので、病気やケガによる経済的な負担は避けられない

民間の医療保険をうまく活用すれば、このような経済的負担にも備えることができる