遺伝的リスクが高くても睡眠改善は効果がある
「睡眠 画像 無料」の画像検索結果







研究チームは参加者の血液サンプルから、
心臓病や脳卒中などの発症に関連する遺伝的変異として知られるSNP(一塩基多型)も調査した

その結果、遺伝的なリスクが高いものの睡眠パターンが健康な人は、
狭心症や心筋梗塞、脳卒中のリスクが抑えられる傾向があることが明らかになった

「心臓病や脳卒中のリスクを減らすために、生活スタイルを改善し、良い睡眠をとるこが不可欠です」と、キー所長は指摘している