睡眠はさまざまなホルモン分泌に関わる
「睡眠 画像 無料」の画像検索結果







また、コルチゾールは、利用できるエネルギーを体内に準備する働きをするホルモンで、
「ストレスホルモン」とも呼ばれている

コルチゾールは昼間に活性化し夜は低下する

睡眠不足が続くと、コルチゾールの分泌が過剰になり、血糖値が上昇しやすくなる

さらに、睡眠不足になると、
食欲を亢進するグレリンの産生が促進され、エネルギー代謝の調節に関わるレプチンの抑制が起こる

その結果、食欲が増し、満腹感が低下し、とくに炭水化物や糖質の多い食べ物を食べたくなる

睡眠不足が続くと、疲れを感じやすくなり、運動不足にもなりやすくなる

運動の習慣化は体重と血糖をコントロールするために重要だ