良好な血糖コントロールによりコロナ感染症の重症化リスクを下げられる
 「血糖 画像 無料」の画像検索結果








多くの報告で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかると、
糖尿病の人はそうでない人に比べ、死亡や合併症のリスクがずっと高いことが示されている

COVID-19に治療薬がまだないので、事態はなおも深刻だ

中国の武漢大学人民病院のLihua Zhu氏らは、
中国湖北省で7,337人のCOVID-19患者を対象に調査を行った

うち952人が2型糖尿病だった

2型糖尿病患者のうち、282人は血糖コントロールが良好で、528人は不良だった

糖尿病であって血糖コントロールが良好でないと、
とくに高齢者では、感染すると病状が悪化しやすいことは明らかだ

今回の研究でも、2型糖尿病のある人では、糖尿病ではない人に比べ、高度な医学的介入が必要となり、
死亡リスクが高く(7.8対2.7%、調整済みハザード比1.49)、多臓器障害の発生率も高かった

しかし、血糖コントロールが良好な患者は、重症化するリスクが少なかった

血糖値を良好にコントロールしている患者は、
酸素投与や人工呼吸などの医学的介入もほとんど受けておらず、合併症も少なかった

血糖コントロールをどの程度改善すれば良いかも示された

血糖値を70~180mg/dLの範囲内で良好にコントロールしている患者は、
180mg/dLを超えている血糖コントロールが不良の患者に比べ、
死亡リスクを抑えられることが明らかになった