「次亜塩素酸水」の使い方

 
「次亜塩素酸水」については、製造・販売事業者向けにも情報を公開

流水でかけ流すときは「有効塩素濃度35ppm以上のもの」、
拭き掃除に使うときは「有効塩素濃度80ppm以上のもの」を推奨している

さらに「次亜塩素酸水」を使う際の注意点として
▼塩素に過敏な人は使用を控えるべき
▼飲み込んだり、吸い込んだりしないよう注意する
▼次亜塩素酸水を、まわりに人がいる中で空間噴霧することは勧められないこと
を明記している

なお、「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルス対策として物品の消毒に使用することが推奨されている「次亜塩素酸ナトリウム」(ハイター、ブリーチなど塩素系漂白剤の主成分)とは別のものなので、
混同しないよう注意が必要だ

NITEのサイトでは、新型コロナウイルスへの効果が確認された界面活性剤が含まれている洗剤などの製品リストも公開されている

YouTubeで公開されているビデオ
「ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう」