期待がかかるDNAワクチンの開発
無料イラスト] DNA - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集 

世界保健機関(WHO)によると、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発プロジェクトは、
現在世界で120以上が進行中だ

しかし、新型コロナウイルスはウイルス量が少ないため体内で抗体ができにくいなどの背景があり、
ワクチン開発は容易ではない

世界各国の研究機関・製薬企業がしのぎを削っている中で、
いち早く実用化が期待されているのが「DNAワクチン」だ

DNAワクチンは、ウイルス本体ではなくウイルスの遺伝子情報のみを投与する方法

ウイルスの遺伝子情報を入れたプラスミドDNAと呼ばれるベクター(運び屋)を体内に入れると、
ウイルスが細胞に侵入する際に用いるタンパク質が大量に発生し、それに対して抗体ができるというもの

細胞培養や有精卵で製造するワクチンと異なり、DNAワクチンは大量生産が容易で、製造コストも安い

ウイルスそのものではないので病原性はなく、安全であるという利点もある

開発したワクチンを国内に安定供給するためには、日本で開発・製造されたワクチンが有利だ

WHOによると、ワクチンができるまで18ヵ月、最短で1年かかるとされている

国内でもワクチン開発が急ピッチで進められている

大阪大学発バイオベンチャーのアンジェスは6月に、
大阪大学と共同開発したCOVID-19向けのDNAワクチンの第1/2相臨床試験を開始したと発表した

ワクチンの治験は国内初となる

ワクチン開発で連携協定を締結した大阪市立大学病院で治験を実施

健康な成人を対象に、筋肉内にワクチンを接種し、安全性と免疫原性を評価する

目標症例数は30症例で、2週間間隔で2回投与する

試験期間は2021年7月31日までを予定している

ワクチン量産体制の整備も進められており、製造メーカーはタカラバイオが予定されている