米CDCがCOVID-19重症化リスクのリストを公開
無料イラスト] チェックリスト - パブリックドメインQ:著作権フリー ...

米疾病対策センター(CDC)は、COVID-19の重症化リスクのある人のリストを公開した

現在までに入手可能なエビデンスの詳細なレビューにもとづいて作成した

それによると、成人では、感染した場合の重症化リスクは年齢が上がるにつれ増加するが、
リスクが高いのは「65歳以上」の人だけではないという

「65歳未満の人も十分に感染拡大に備えて準備する必要がある」としている

肥満や糖尿病などの基礎疾患のある人も、重症化リスクが高い

基礎疾患の数が多いほど、リスクは高くなる

 基礎疾患に関しては以下のリストを掲げ、注意を喚起している
・ 慢性腎臓病(CKD)
・ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・ 肥満(BMI 30以上)
・ 臓器移植後の免疫低下
・ 心不全、冠動脈疾患、心筋症などの深刻な心疾患
・ 鎌状赤血球症
・ 2型糖尿病

米国の成人の60%が1つ以上の慢性疾患をもっていると推定されている

なかでも肥満は、重症化リスクを高めるもっとも一般的な基礎疾患の1つで、米国成人の40%が肥満だ