花を見るだけでもストレスは軽減される
農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の研究では、
花を観賞することが、脳の活動に影響を与え、
心理的、生理的に生じたストレス反応を緩和させることが明らかになった

ストレスを与えた実験参加者に花の画像を見せると、
ネガティブな情動が減少し、
ストレスにより上昇した血圧やストレスホルモンの値が低下した

"花の癒し効果"が心理的、生理的、脳科学的に実証された

木々が育ち小川が流れるような自然環境では、
ビルが建ち並ぶ都市環境に比べ、
気分が向上し、ストレスが緩和されることが知られている

緑豊かな森林や樹木写真などにストレス軽減効果があることが、これまでの報告で明らかにされている

花は自然環境を構成する重要な要素の1つであり、お見舞いやプレゼントに多用されるなど、
ヒトの心理に与える影響が大きい

今回の研究で、花の観賞によってストレス軽減効果を得られることが示された