気持ちをポジティブにすると動脈硬化を抑制できる
若い元気な女性 伸び伸び 自由 解放 明るいのフリー素材|無料写真素材 ... 

研究グループは参加者を対象に、基準時と5年後に、
動脈硬化の指標となる大動脈脈波伝播速度(PWV)を測定した

基準時に脳血管疾患または心血管疾患を発症しておらず、CASP-19に回答し、
基準時か5年後のどちらかでPWVの測定を行った4754人(平均年齢65.3歳、男性:3466人、女性:1288人)を対象に、心理的ウェルビーイングと5年間のPWVの変化との関連を調べた

その結果、ユーダイモニア・ウェルビーイング(人生における意味や目的の感覚)が高いレベルの男性は、
これが低いレベルの男性に比べてPWVの平均値が低く、動脈硬化が抑制されていることが分かった

また、その傾向は5年経過しても持続することが明らかになった

女性では、こうした傾向はみられなかった

また、へドニア・ウェルビーイング(快楽感覚)については、こうした関連は、男女ともにみられなかった

ユーダイモニア・ウェルビーイングによる動脈硬化の抑制効果は5年経過しても持続する
出典:順天堂大学医学部公衆衛生学講座、2020年