新型コロナとインフルエンザ同時流行に備える
厚生労働省の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ... 

今年の冬は、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症が同時に流行することが予想されている

しかし、この2つの感染症を臨床的に鑑別するのは困難だ

またCOVID-19の流行が懸念されるなか、インフルエンザワクチンの需要も高まると見られている

そこで厚生労働省は、COVID-19に備えた外来や検査の体制を強化する対策として、
10月中に、発熱症状があり、新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、
地域の医療機関で迅速に検査を受けられるようにすることを発表した

相談・受診の前に心がけたいこと

 発熱などの風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える

 発熱などの風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく

 基礎疾患(持病)を持っていて症状に変化がある場合、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な人は、まずは、かかりつけ医などに電話で相談する


新しい体制では、感染が疑われる人は、身近な医療機関に電話で相談するのが基本となる

検査ができる診療所などを「診療・検査医療機関(仮称)」として自治体が指定する

相談先が検査可能であれば、そのまま予約して検査を受けられる

相談先が検査を行っていない場合は、検査可能な医療機関を紹介してもらう

新型コロナについて「かかりつけ医」に相談する時の目安

(1) 糖尿病などの基礎疾患を持っていて、発熱など症状に変化がある人は、まずは、かかりつけ医に電話で相談する

(2) かかりつけ医より、「どの医療機関を受診すればよいか」「どのタイミングで受診すればよいか」といった指示を受ける

(3) 相談する医療機関に迷った場合には、「受診・相談センター(仮称)」に電話で相談する

10月から新型コロナについての相談先を地域のかかりつけ医などが担う

出典:厚生労働省、2020年