1型糖尿病とともに生きる人々の体験を共有
おすすめナレッジ共有ツール14選|無料・有料ツールどちらも紹介 | QEEE 

1型糖尿病は、インスリンを産生する膵臓のβ細胞が攻撃・破壊されることで発症する疾患

生命を維持するために、現在の医療では、生涯にわたり毎日4~5回の注射、
またはインスリンポンプによるインスリン補充が必要となる

糖尿病の大半を占め生活習慣病と言われる2型糖尿病と異なり、
1型糖尿病は主に自己免疫によって発症すると考えられている

1型糖尿病と2型糖尿病とでは、原因や治療が大きく異なる

「今年の11月の糖尿病月間は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大を受けて、かつてないものになりました。1型糖尿病とともに生きる人々が、この病気のコントロールする力を高め、支援するためのシステムを強化するために、ともに祝いたいと思います」と、
JDRF理事長のアーロン J コワルスキー氏は言う

JDRFはこの1ヵ月に、Instagram、Facebook、TikTok、TwitterといったSNSを使い、
1型糖尿病とともに生きる人々の体験を共有するために、
「#SeeMeandMyT1D」というハッシュタグを入れて投稿するように呼び掛けている

1型糖尿病の研究の資金を集めるために、自転車で一定のコースを走り、
マイレージの目標を達成すると寄付が行われる「JDRF Ride」というキャンペーンも展開している

寄付を集められるだけでなく、運動をする機会の提供にもなっている