コーヒーにも抗酸化作用のある成分が
珈琲にしましょうの写真(画像)を無料ダウンロード - フリー素材の ... 

一方、コーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸には強い抗酸化作用があり、
体脂肪が減る、血圧を下げる効果があるという報告がある

ただし、緑茶やコーヒーにはカフェインも含まれている

カフェインには中枢神経に働きかけ、眠気や疲労を抑え、運動機能を高める興奮作用などがある

カフェインは、血糖を下げるインスリンの産生と感受性にも影響すると考えられている

しかし、カフェインを大量に摂取すると不眠症や神経症などにもなりやすくなる

カフェインの過剰な摂取にも注意が必要で、
とくに夜遅い時間や就寝前には飲まないようにするなど工夫も必要になる